『ボクの殺意が恋をした』ヒロイン役の新木優子が”低視聴率女王”!? 裏の女王は○○○○○との声も… 
スポンサーリンク

イケメン俳優・中川大志さん(なかがわ・たいし 23歳)の主演ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系 日曜22時30分)が4日からスタートし、初回の世帯平均視聴率は5.8%、個人平均は3.1%とかなり苦しいスタートを切り、今作でヒロインを務めている女優・モデルの新木優子さん(あらき・ゆうこ 27歳)は”低視聴率女優”のレッテルを貼られる危機に瀕しているようです。

これは週刊誌『週刊新潮』のweb版『デイリー新潮』が報じているもので、『ボクの殺意が恋をした』が第1話の平均世帯視聴率が5.8%、第2話は6.0%と低空飛行を続けている原因について日本テレビ関係者は、「中川は地上波連ドラ初主演ということで堅くなっているのか、押しが弱い。そして、ヒロインが新木だということ。彼女は連ドラ初主演となったフジテレビの『モトカレマニア』(2019年10月期放送)で平均4.4%、最低視聴率3.0%という歴史に残る低視聴率を記録しています。今回も彼女は、表情がどことなく暗い。中条あやみや有村架純、上白石姉妹のような、はじけるような笑顔がありません。これでは視聴者も付いてこないと思います」と指摘しています。

続けて、「もちろん彼女だけのせいではありません。とはいえ、中川と新木は共に『スターダストプロモーション』の所属です。手抜きと思われても仕方のないキャスティングです。今回は日テレでなく、読売テレビの制作ということにも原因があると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事