【文春砲】夜の●●●通いの大関・朝乃山、処分は? 
スポンサーリンク

コロナ禍の不祥事が続いている角界が、またも大激震に見舞われた。大関・朝乃山(高砂部屋)に「文春砲」が炸裂したのだ。「大相撲・夏場所の11日目、5月19日の夕方、ちょうど幕内の取組が始まる頃、『文春オンライン』が、朝乃山が緊急事態宣言中、女性が接客する飲食店に通っているという内容の記事を配信したのです。(相撲ライター)

記事によると朝乃山は4月30日、時短要請に従わず深夜まで営業を続ける東京・神楽坂の女性が接客するクラブ系の飲食店に入店。夏場所初日の2日前である5月7日にも、東京・西麻布の別の店に出入りしている模様を目撃されている。

「報じられた行為は、昨年7月に日本相撲協会が発表した『新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』に明らかに違反。昨年7月場所前と場所中に同様の飲食店通いをしたことが発覚した当時幕内の阿炎(錣山部屋)は3場所出場停止の処分で、今年3月場所で復帰しましたが、番付は幕下下位まで滑落しています。また、今年初場所中に麻雀店や、性サービス店に通っていたことが発覚した先代・時津風親化(元幕内・時津海)は退職に追い込まれています。」(前出・相撲ライター)

スポンサーリンク
おすすめの記事