メンタリストのDaiGoが起用のCM放送自粛へ!?問題発言の波紋が広がり〇〇にも影響が…
スポンサーリンク

メンタリストで人気YouTuberのDaiGoさん(本名=松丸大吾 34歳)がホームレスや生活保護受給者に対して、差別的で人権無視の発言をした問題で、DaiGoさんをCMイメージキャラクターに起用していた『霧島天然水 のむシリカ』が、DaiGoさんのCM放送を自粛することを発表し、大きな反響を呼んでいます。

DaiGoさんは7日にYouTubeのライブ配信で、「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」「生活保護の人が生きていても僕は得しない」「自分にとって必要のない命は僕にとって軽いんで、だからホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない?邪魔だしさ。プラスになんないしさ、臭いしさ。治安悪くなるしさ。いない方がいいじゃん。」などと発言し、大騒動に発展しました。

その後、12日の深夜ライブ配信では批判に対する反論したものの、前夜から一転して13日夜の配信では一連の発言に対する反省や謝罪の言葉を述べ、14日には『昨日の謝罪を撤回致します【改めて謝罪】』と題して、スーツ姿で改めて問題発言を謝罪し、終盤には涙を流して謝罪の言葉を述べていました。

スポンサーリンク
おすすめの記事