スポンサーリンク

そして、2年前の謝罪会見の場にもいたリポーターから質問されると、「今日まで忘れたことはないです。僕もこういう気持ちで立てるとは思っていませんでした」と心境を明かし、一方の愛さんは「まさかこの場所に来るとは思ってませんでしたので、びっくりです」と語っていました。

また、愛さんは当時を振り返り、「あんまり覚えてないですけど、一言では語れないような気持でした」と明かし、離婚は考えなかった?との問いには、「まず最初に考えました。”アウト”ということから始まった。アウト以外の何ものでもない。一生許せないですよね。でも、色々考える中で、私はまだこの人とやっていこうという決意の下で、今日に至ります。人間、良いところも悪いところもあると思うんですけれども、私の場合は主人はまだ良いところの方が勝っていたと思います。基本的にはやっぱり優しいですし、家族のために面白く生活してくれていましたし、ま、”裏の顔”があったという、そういうことですね。私たちの前では、面白いお父さんでいてくれます」と語っていました。

そんな愛さんについて原田龍二さんは「一言で言うと”神”ですよね」と言い、今回のCМ共演も含めて感謝していることを明かしていました。

スポンサーリンク
おすすめの記事